ガラス交換は気候に合わせて選べば省エネ効果が高まる

紫外線抑制効果が高いエコガラスへのガラス交換手順

エコガラスに交換するまでの手順

省エネにぴったりのエコガラスへのガラス交換はとても簡単です。それではガラス交換の仕方をご紹介します。

エコガラス交換の流れ

お問合せの後に現地調査

お客様からのお問い合わせを受けてから、業者が現地へ調査に訪れます。すぐに対応してくれるところが多いので、早く交換したい時にも安心です。調査内容は、窓の寸法・サッシのタイプ、色やカギのかかり具合などです。

見積もり・ご検討

サイズなどを調査したうえで見積もりが提示されますが、ガラス交換は施工する業者によって仕上がりやその後の劣化に大きな差が出てくるものです。そのため、業者の技術や実績なども料金とあわせて検討し、依頼先を決定しましょう。

作業日の決定

ガラス交換の依頼先が決まったら契約をし、作業の日取りを決定します。この日にちは、現地調査の寸法を元にして新しく設置する日です。サイズにあわせてエコガラスを生産する場合には、注文から交換までに1週間程度の時間が必要になるでしょう。

ガラス交換作業

古いガラスを取り外すために、サッシを分解します。そして新しいガラスと古いガラスを交換してサッシへはめ込んでいくのです。このときに、サッシに傷がつかないよう十分注意して作業を行なってくれます。他にも、ガラス内部でのカビやさびの発生がないように作業が進めていきます。

省エネに役立つエコガラスへのガラス交換は、それほど長い期間がかからず行なうことができます。暑さ寒さでお悩みの時は検討してみてはいかがでしょうか。

エコガラスには紫外線防止効果もある

特殊なガラス

一般的な住まいのガラスは太陽光をそのまま通してしまうので直接日にあたっているのと変わらない紫外線にさらされていることになります。紫外線は日焼けの元になるので紫外線を抑えられるガラスに交換すると室内での日焼けを防ぐことができます。エコガラスは断熱性の他にも紫外線を防ぐ働きがあるので、一年中紫外線を気にせず過ごすことができるのです。日焼け防止にもなることからシミなどの予防にもなり、美容にもうれしい働きがあるガラスといえます。

TOPボタン