ガラス交換は気候に合わせて選べば省エネ効果が高まる

省エネ交換が高いガラス交換がおすすめ!最適なガラスの選び方

ガラス交換で省エネ対策

ガラス

住まいに使われるガラスにはさまざまな種類があり、どれを選ぶかによって防犯性や防音性を高めることができます。また、省エネ対策にもガラス交換は効果的で、その土地の気候に合ったガラスを選べば節約にもなるのです。そこで地域にあったガラスの種類をご紹介します。

気候に適したガラスの種類

寒い地域は「断熱ガラス」
冬のような寒い時期には、住まいにある窓などの開口部から約50%もの室内の熱が逃げることになります。暖房器具などを使ってせっかく暖めた室内の空気を逃がしてしまっているのです。そこで冬の省エネには、暖めた部屋の空気を逃がさない断熱ガラスへのガラス交換がおすすめです。寒い地域ほど、断熱性の高いエコガラスを選びましょう。
暑い地域は「遮熱ガラス」
夏のような暑い季節には、窓などの開口部から約70%もの熱が侵入してくるといわれています。熱が入ると室温が上がるため、エアコンの設定を低くしがちですが、それは省エネではありません。そこで、冬の場合と同じように窓のガラス交換をしましょう。暑い地域の場合、外からの熱をさえぎる効果を持つ遮熱ガラスというエコガラスがおすすめです。

省エネ対策ならエコガラスがおすすめ

エコガラスとは、その協会に加盟する3社が製造している特殊なガラスのことをいいます。特殊なガラスとは、複層構造になっており、その間に特殊な金属膜を挟んであるもので、断熱性と遮熱性に優れているものです。この製品にガラス交換することで、窓などのガラスから熱の出入りを防ぐことができます。夏は外気の熱や紫外線をシャットアウトし冷房の効きをよくし、冬は室内の暖かさを保って結露も防止するなどの働きがあるので省エネに優れていることからエコガラスと呼ばれているのです。

エコガラスに交換した人の声

エアコンの使用量が減りました(40代/女性)

毎年夏場の電気代がとても高くなっており、どうにか省エネして節約できないかと思っておりました。そこでエコガラスの存在を知りガラス交換をお願いしたところ、8月下旬にも関わらずエアコンを入れないでしのげる日がたくさんありました。

外からの冷気が室内に入ってきません(50代/女性)

暖房をつけても足元が冷える部屋に悩んでいたところ、エコガラスが断熱に優れていると聞きガラス交換することに。すると、今まであんなに暖房をかけても寒かった足元が暖かく、設定温度も下げることができ省エネにもなりました。

家事作業も楽しくできるようになりました(40代/女性)

窓から差し込む日差しがとても強くて、夏場は家事をしていると汗だくでした。毎日のことなので特に夏には大変さを感じていたところ、エコガラスを見つけた主人が省エネにもなるからとガラス交換してくれました。すると、あの暑かった日差しが嘘のように柔らかく心地よい太陽の光へと感じられるようになりました。

実際に、省エネ効果の高いエコガラスにガラス交換した人からは喜びの声が多く寄せられています。もし今の住まいで寒さや暑さについてのお悩みがあれば、遮熱性や断熱性に優れたエコガラスマークがあるタイプへ交換を考えてみてはいかがでしょうか。

TOPボタン